sunny times

--

Category: スポンサー広告

Comments:

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

23

Category: 旅日記 > Laos

Comments: 2

まさにlife is Now



自転車の鍵はなくすわ、自転車のタイヤは壊れるわで、
不運続きに思えた私の1日を、一瞬で変える出来事がありました。

無事に自転車を返し、
お気に入りの食堂で遅いお昼ごはんを食べて。

DSC_1254-001_20120824215344.jpg


さあ宿に戻ろうと歩いていると、見覚えのあるシルエットが。

あれ?でもいまベトナムにいるはずじゃ・・・
いや、でも、あの姿を見間違えるわけないよね・・・


ということで、思いっきり叫びました。

「ケンさーーーん!!!」

ケンさん振り向く。が、気づかない。笑

あ、サキちゃんもいた!

「サキちゃーーーん!!!」

で、やっと気づいてくれました!


プノンペンで出会った、life is Nowの2人☆

DSC_1262-001.jpg


プノンペンではUEDA CAFEで出会ったのですが、
たまたま宿が一緒、しかも隣の部屋だった私たち。

もしや、と思って聞いてみたら、
ここビエンチャンでも、宿が一緒&同じ階だと判明!笑

どこまで縁があるんだろう・・・
ゾクゾクしました。


さっきまでの疲れも一気に吹き飛び、 そのまま2人にくっついて、
日本人の方がオーナーだという「The Little House」というカフェへ。

DSC_1265-001.jpg


ここがまたとーってもステキで。

松島さんの焙煎所兼カフェと、谷さんの布製品のお店が合体して、
見事な調和を保っています。 すごく居心地がいい。

DSC_1275-001.jpg

DSC_1273-001.jpg


ここで、判明。

出発前、母が録画しておいてくれた旅番組で、
佐藤かよちゃんがルアンナムターに住む日本人を訪れる・・・
というものがあったのですが、

このお店に置いてある布製品は、
そこに登場していた谷さんのプロデュースだそう!

カレと一緒にその番組を見てすごく印象に残っていたので、
「谷さんって、あの谷さん?!」って、すごく嬉しかった!

いろんなことがつながって、ゾクゾクしっぱなしでした。


谷さんプロデュースの布製品たち。どれも本当に素敵。

DSC_1270-001_20120824213101.jpg


男子はアイスコーヒー、 女子はアイスカフェオレをオーダー。

深いのにエグみが全然なくて、
すっごくすっごくおいしかったー!

DSC_1268-002.jpg



ビエンチャンには合わせて1週間いたし、
何度も通った道なのに、全然気付かなかったな。

再会に感謝です。どうもありがとー!!!

あの時ちゃんと前を向いて歩いててよかった。
まさにlife is Nowです。

またどこかで乾杯しようね!

DSC_1269-001.jpg


さて、大好きなラオスとも今日でお別れ。
あと数時間でタイに向かいます。

ありがとうラオス!また来るよ~:)

スポンサーサイト

22

Category: 旅日記 > Laos

Comments: 6

カレに惚れ直したお話



いまのこの気持ちを形に残しておきたいので、
すみませんがここに書かせてください。笑


今日は自転車を借りて、
COPE Visitor Centreに行きました。

帰り道、私の自転車の鍵がなくなっていることに気がついて、
炎天下の中を逆戻り・・・

と思ったら、今度は後ろのタイヤの部品が外れて、
チェーンがまわらなくなった!

暑いし疲れてるし、せっかく節約してきたのに、
罰金いくら取られるんだろう、って泣きそうな気持ちに。

カレに近くにあった食堂で待っててもらって、
歩いてCOPEまで戻りました。


COPEに着いたら、
駐車場の真ん中にキラリと光るものが!!

あったーーー!!!!!

不幸中の幸い。

道に落ちてたら、誰かに拾われちゃってたかもしれない。
落ちてたのがここで本当によかった。


急いで食堂に戻ると、カレが休憩もせず、
自転車のチェーンをサバイバルキットで直してくれてた!

ほんっとに暑くて誰も歩いてないような日だったのに、
汗だくになって!!!


で、私の手にある鍵を見て、

「お、あったか!よかったねー!(ニコッ)」

って。。。


私たちに会ったことのある方はご存じだと思いますが、
私はカレにかなり惚れているんです。溺愛。


だけどさ・・・

ほんと、惚れ直した!!!

DSC_1253-002.jpg


なんていい男なんだ。


旅に出て1か月経って、ほぼ24時間一緒で、
だんだん当たり前になってきちゃってたけど、
今回のことで改めてカレの懐の深さに気づいて、
ちゃんと毎日感謝しようと思いました。

ありがとよ、ハニー!!!


今日はほかにもステキな出来事があったのですが、
そのお話はまた次回♪


20

Category: 旅日記 > Laos

Comments: 2

Gracias!!



ラオスに来て本当によかったなーと思うことのひとつが、
この2人との出会い。


Josep & Lilia。

DSC_0591-002.jpg


ビエンチャンからルアンパバーンに向かう日、
バスターミナルまで同じトゥクトゥクをシェアしたのがきっかけ。

Liliaがカレに話しかけてくれて、
お互いにカップル旅だったのもあり、すぐに仲良くなりました。

Josepはスペイン、Liliaはハワイ出身。
2人は一緒にスペインに住んでいます。

Liliaはホノルル育ちなので日本語も少しできて、
日本の文化もすごくよく理解している。

というか、すごく日本人っぽい!
常にまわりの様子を気にしているところとか。

スペインの文化は、「I(私)」が中心だそうで、
自分がしたいと思ったらするし、したくないと思ったらしない。

アメリカの文化では、まわりに合わせたり、
言葉も「sugarcoat(オブラートに包む)」するのが当たり前だけど、
スペインの文化は基本的に「pure honesty(ド・ストレート)」らしい。

正直に行動して、正直に発言する。
でも、その裏に悪意はないんだって。

Liliaが作ったごはんがおいしくない時、Josepは、

「これ、全然おいしくないよ」

って言っちゃうらしい!

そんなこと言われたら私、

「じゃあもう作らない!」

って言っちゃうなー。笑


同じ文化だって100%はわかりあえないのに、
異文化カップルは大変だろうな。

でもきっとその分、
わかりあえた時の喜びも大きいんだろうなー。


2人とは12月にスペインで再会予定。

「ゲストルームがあるから、家に泊まってね!
  冬服も貸すから」

って、なんてありがたいんだろう。。。

スペインに行くのが、100倍楽しみになりました。 
迷惑かけないように、それまでにちょっとでもスペイン語勉強しておこう。

旅って楽しいなぁ。

295228_865614744309_1813965542_n (Custom)-001 


Profile

Sunny

Author:Sunny


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。