sunny times

--

Category: スポンサー広告

Comments:

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30

Category: 旅日記 > Germany

Comments: 0

the Wall



ベルリン


と聞くと、真っ先に思い浮かぶのはやっぱり、壁。


壁が崩壊した時、私は小学校2年生だったけど、
市民たちがハンマーで壁を壊している映像が衝撃的すぎて、釘付けになった。

母が、

「これは本当にすごいことなんだよ、教科書に載るぐらいすごいこと」

と言っていたことも、担任の先生がそのニュースを見たかどうかクラスに聞いたことも、
しばらくして本当に授業でベルリンの壁について習ったことも、鮮明に覚えています。


PB302605-001.jpg


イーストサイドギャラリーに行って、すぐに驚いた。

だって、こんなに薄いなんて。


PB302551-001.jpg


こんな薄い壁で28年もの間、
人々を引き裂くことができていたことのほうが信じられない。

不自然すぎる。

壁を越えようとして命を落とした人は、少なくとも136人と言われています。

悪いのは壁じゃなくて、人だな。

この壁は単なる象徴であって、こわいのは、人。
人が人をコントロールできると思いこめてしまうことがこわい。


PB302582-001.jpg 


真下に立ってみると壁は高すぎて、自分がものすごく無力に感じられた。
けど、当時はこうしてここに立つことすら許されなかったんだもんな。

家族や大切な人たちと引き離された人たちは、
一体どんな想いでこの壁を見つめていたんだろう。

反対側に続いている空が、妙に青く見えました。


ブログランキングに参加しています☆

1クリックで順位がUP!応援よろしくお願いします♪
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comments
leave a comment





Profile

Sunny

Author:Sunny


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。