sunny times

--

Category: スポンサー広告

Comments:

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

19

Category: 旅日記 > Morocco

Comments: 0

初日からげんなりしたモロッコ



モロッコに来てから早10日。

初日から、

「なんかここ、あんまり好きじゃないかも。。。」

という気持ちが抜けず、全然ブログを書く気になりませんでしたが、
シャウエンに来たら元気になったので、一気に書いてしまいます!


バルセロナから飛行機で向かった先は、マラケシュ。

空港の外に止まっているタクシーは、
案内板に書いてある正規料金の倍の額を平気で言ってくる。

アジアの場合、歩き去ろうとすると向こうが折れてくれることも多いけど、
ここでは歩き去ってもダメらしい。。。

というわけで、バスでメディナの近くまで。
運転手さんがすごく親切で癒されました。


メディナに入り、予約した宿を探して歩いていると、
たくさんの青年が声をかけてきました。

警戒していたので全部スルーしてお店の人に道を聞くと、

「そこを左に曲がって、最初の角を右だよ」

と。

教えてもらったとおりに歩き出すと、1人の青年が勝手についてくる。


というか、

いかにも彼が道案内をしているかのように、勝手に前を歩いてくる。


勝手にガイドしてきて、後でお金を請求される話は聞いていたので、

出た!

と思ったけど、お金を払わなければいいと思ったのであまり気にせず。
これが甘かったんだなー。


宿に着いたらクルリと振り向き、

「Now, you can give me present.」

と、やっぱりお金を請求されて、

「道はわかっていたし、案内は頼んでないよ」

と言うと、

「頼んでない?俺がいなかったら今ごろ迷ってただろ!」

と急に態度が変わって、かなりしつこい。。。


疲れていたので勉強代だと思って、
持っていた一番小額の20ディルハム渡そうとすると、

「40ディルハムよこせ」

と、差し出した20ディルハムは断固受け取ろうとしない。


1ディルハム=10円ぐらい。

勝手に道案内されて、400円?!

しかも20ディルハムあげようとしてるのに・・・

さすがに頭に来たのでそのまま宿のドアを閉めようとすると
さらに怖い顔つきになって、

「いまお前たちは宿の中で気が大きくなっているだろうが、
俺はお前たちのことを覚えているからな」

と脅され、仲間もいたし、怖いので結局払ってしまいました。


くー!悔しすぎる!!!


旅人の間では、インド、エジプトと並んで

世界三大うざい国

に堂々エントリーしているモロッコ。


その理由が、
到着1時間以内に垣間見えた気がした初日でした。。。


ブログランキングに参加しています☆

1クリックで順位がUP!応援よろしくお願いします♪
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comments
leave a comment





Profile

Sunny

Author:Sunny


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。