sunny times

--

Category: スポンサー広告

Comments:

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15

Category: 旅日記 > Argentina

Comments: 2

また会うその日まで



書くと寂しくなってしまいそうだったのですが、
そろそろブエノスアイレス最後の日のことを。


エンカルナシオンからポサダス経由で夜行バスに乗り、
翌日のお昼前に上野山荘に到着。

いつ子さんの顔を見た時、ものすっごくホッとした。
ああー、帰ってきた!

なっちゃんとえびちゃんの姿を見てまた嬉しくなって、
えびちゃんとは昼間から飲んで。

旅に出てからほとんどお酒を飲んでいなかったので、
飲むペースを忘れてしまい、珍しく頭痛でダウン。。。

部屋で寝ていたら、

「もうすぐごはんだよ」

とカレが呼びにきました。


最後の夜もまた、えびちゃんごはん。
今日はカレもお手伝いしたらしく、なんとなく嬉しかった。

だしまき卵と。

P1095486-001.jpg


洋風焼きそば。

P1095487-001.jpg


あ・・・・・
カレが作ったおみそ汁の写真がない。
ごめん。。。こういうとこちゃんとしよ。


だしまき卵なんてもうドストライクの味付けで、
口に入れてしばらく、もったいなくて「おいしい」すら言えなかった。

焼きそばもパスタで作っちゃうし、ほんと、アイデアが尽きないんだなぁ。


そして、お酒。

P1095492-001.jpg


えびちゃんが作ってくれるお酒は本当においしい。

バーテンダーだから、じゃなくて、なんか、魂を感じます。
いままで飲んでいたお酒は一体何だったんだ。

みんなで他愛のない話をして、私たちは結局3時ぐらいまで起きてたかな。
少しでも長くこの空間を味わっていたかった。


出発の日。

まず、9時に出るなっちゃんをお見送り。
日本に帰ったらきっとまた会えるけど、
それでも去っていく後姿を見ていたら、やっぱりちょっと寂しかった。

二度寝して、起きて、これからの旅のことをいろいろリサーチ。
ここに来てから、みんなから情報をもらってばかりで怠けていたけど、
これからはまた2人で歩いていかなくちゃ。

センチメンタルになってばかりいられない現実。


と。

ふと気になって調べてみたら、案の定、

ブラジルには、片道航空券では入国できない

と書いてありました。

あああああ。
アルゼンチンの時もそうだったのに、なんでいまのいままで気づかなかったんだ。

そこからはもう、ずっと航空券のリサーチ。
でもまた日程に縛られてしまうのがもったいなくて、
念のためダミーの予約書を持って空港へ行くことに。

だって、アルゼンチン入国のためにこの日の出国航空券を買ったわけだけど、
できることならもっともっとここにいたかったから。
人も、場所も、いつどこでどんな出会いがあるかわからない。

最後の最後まで段取りが悪くて、いつ子さんも笑ってた。
ほんと、すみません。。。
結局、空港では出国航空券について一切聞かれませんでした。


そして、バタバタと出発の時。

えびちゃんが見送ってくれました。
なんかまた確実に会える気がして、不思議と寂しくなかった。
いや、単純に見送られる側だったからか・・・

いつ子さんがタクシーを拾うところまで一緒に来てくださって。
歩いている間、ずっと背中に手を当ててくださって、いまにも泣きそうだった。

生きていれば、きっとまた会える。
そうわかってるけど、アルゼンチンと日本は遠い。
また会う日、がいつになるかわからないから、とても悲しくて。


私は恐れ多くも、いつか、いつ子さんみたいな女性になれたらなぁと思う。

あったかくて、チャーミングで、おもしろくて、男前で、passionate。
いつ子さんの笑顔は、まわりの人をパッと照らす。

年齢で言い訳しないことも、いつ子さんから学びました。

この人生は有限で、一日一日、終わりの時に近づいていること。
だから、「いま」、やらなくてはならないこと。

日本人は、年齢で自分に制限をかけることが多いですよね。
確かに、年をとれば体力も落ちるし、冒険心もきっと小さくなる。

「もう年だから」

っていう便利な言葉は、失敗することを恐れて先回りして諦める、
自分にかける保険みたいなものなのかな。

「南極に挑戦する」

と言ったいつ子さんの声は確信に満ちていて、
その表情は力強く、美しかった。


いよいよお別れの時が。

サブバッグを前に抱えていたからハグはできず、握手。

「また必ず遊びに来ます」

と言ったことを早く現実にできるように、日本で一生懸命働こう!

タクシーが動いてからも、ずっと笑顔で見送ってくださったいつ子さん。
カレが隣にいなかったら、本当にやばかったな。

こんなことを言ったら大げさだと思われるかもしれないけど、
もう、もしここで旅が終わるとしても悔いはないな、と本気で思ってしまった。

なんだか本当に、いまの私のこころにスッと入ってきてしまったんだな。
上野山荘で出会ったみなさんには、本当に本当に感謝!

そしていつ子さん、大好きです。
また会う日まで、どうぞお元気でいてくださいね!


ブログランキングに参加しています☆
1クリックで順位がUP!応援よろしくお願いします♪
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 
現在76位!80位以内は初めてで嬉しいー!
どうもありがとうございます!

スポンサーサイト

comments
 
いいですねーなんか(^^)
どこかで会えたらいいですねー、相方に見習わせたいです(ーー;)
*yasuさん 
ヤスさーん!お久しぶりです!
ほんと、いつ子さんがめちゃくちゃ素敵で、私も毎日しっかり生きていこうと思いました。笑
ブエノスは経由だけなんですよね?残念。ぜひ上野山荘に泊まってほしかった!
ヤスさんたちはウユニいつ頃ですか?どこかで会えたらいいですねー^^
leave a comment





Profile

Sunny

Author:Sunny


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。